たこうどん(冷凍)

[たこうどんとは]

 しっとり、甘くて、柔らかい。前浜のミズダコの頭を釜茹でして、食べやすくうどん状に切りました。ミズダコの頭は、生でも茹でても、しっとりとしていてやわらかい食感です。地元ではお年寄りから子供まで幅広く愛されてきた食材です。ホタテの貝柱のような甘みがあり、足よりも頭の方が好き、という人も多いです。

[背景]

 鹿部町の前浜は昆布の名産地で、ミズダコの餌となる貝類、ウニ、などが豊富です。ミズダコ自体の水揚げは通年安定して、様々な地域に出荷されていました。しかし主となるのは足。頭の部分は美味であるにも関わらず、知名度もなく、そもそも一般流通も多くはありませんでした。地元の人たちだけが知っているような、隠れた特産物です。

 海鮮商店ではコロナ禍の影響を受け、今まで以上に地元、浜を支え、活性化させるため、鹿部町に貢献できる商品の開発が必要になると感じました。そこで注目したのが、今まで自分たちが当たり前に食べていた”ミズダコの頭”でした。

 自分たちは美味しいと思い、食べていました。しかし、地元の魚屋さんにあるだけで、商品としては販売してこなかった。どういう状態で商品化するのがいいか。考えたのが、うどん状のたこの頭、”たこうどん”です。

 前浜の活だこを塩で揉んだ後、独自の製法を加えながら、釜茹でをしております。色々な食べ方を楽しんでいただけるよう、あえて味は付けておりません。解凍後は火を通さずともそのまま召し上がっていただけます。甘さとミズダコ本来の、ほのかな塩味をお楽しみいただけます。全国の皆様に、鹿部町のたこうどんを、様々な食べ方でお楽しみいただけると幸いです。

名称:ゆでだこ/原料:ミズダコ/産地:北海道/一袋:200g/賞味期限:製造から2年

お召し上がり方

-そのまま-

<たこのうどん>ポン酢や醤油、薬味につけて食べる。

-漬ける-
※当商品の袋をそのまま使われる場合、完全に密封された方向を下にしてください。圧着された方向を下にして液体を入れた場合、液漏れを起こす可能性がございます。
<たこの頭の漬け>解凍後、袋の中に醤油、みりん、酒を投入して揉み、倒れないように気を付けながら、冷蔵庫へ戻し、数分、寝かせる。

<たこの頭のキムチ>解凍後、キムチと軽く混ぜ合わせ、数時間寝かせる。

-焼く-

<たこの頭のソテー>フライパンでさっと火を通して、マヨネーズをつける。ニンニクを少し足すと香ばしさが増します。

-刻む-

<たこの頭の炊き込みご飯>刻んで、炊き込み炊き込みご飯に。

<たこの頭のカレー>刻んで、カレーの具材として。

<たこの頭の唐揚げ>刻んで、唐揚げに。

<たこの頭のサラダ>刻んで、玉ねぎなどの野菜と合わせてサラダに。

イチオシの食べ方 -たこうどん丼-

解凍後、軽く水でたこうどんを洗った後、キッチンペーパーで軽く水気をとります。酢飯の上にたこうどんを並べます。刺身醤油を軽くかけたら、完成です‼(生卵をのせると、コクが出ます)

︎そのほか、焼きそば、卵焼きなどの具材としても幅広くお使いいただくことが可能です。

ボイルつぶ(冷凍)

朝、鹿部町の漁港で水揚げされた生きたツブを、漁港からすぐ近くにある自社の加工場で手早くボイル。殻を割り、剥き身にし、余計な部分をとります。

綺麗に洗った後、素早く冷凍処理をしています。あっさりとしていて、柔らか。そして、柔らかいのに、生臭さがないのも特徴です。

ボイルされたツブは、「ゴムのような食べ応えで硬い」と思われる方も多いと思います。

しかし、海鮮商店のツブは”ツブ独特のヌメり”がないのに柔らかいのです。試行錯誤の上、木元社長がたどり着いた、海鮮商店独自の”茹で方””茹で時間”に秘密があります。

原料:シライトマキバイ(灯台つぶ)

産地:北海道

一袋:500g

賞味期限:製造から2年

刺身用冷凍ミズダコ

北海道産の刺身用冷凍ミズダコです。南北海道の噴火湾近海のものを使用しています。

特徴は柔らかく、あっさりとして甘みがあります。ぜひ、お刺身、カルパッチョなどでお召し上がりください。

また、ざっくりと切り分けて、おでんやたこ焼きにもおすすめです。ミズダコは熱を通すとプリッとした食感になります。

商品に関するお問い合わせはこちら↓

01372-7-3254